精神障がい当事者と家族の

​相互理解学習プログラム

そうごりかい

名付けて「​そうかいプログラム」

​ ―なぜ親に当たるの?― 

 ​このホームページは 

 このホームページは、精神障がい当事者と家族の相互理解学習プログラム「そうかいプログラム」の専用ページです。

 「そうかいプログラム」とは、精神障がいのある当事者の方とそのご家族がお互い分かり合えるようになることを目指したプログラムです。

 特に、なぜ当事者が親に当たってしまうのか、その背景を当事者の立場で伝えています。また、親の立場の気持ちも含まれています。

 そして、当事者や家族がどのようにリカバリーしていくのかについても体験談が語られています。多くの当事者と親が実際に映像で登場し、知識と体験を組み合わせて理解できるように構成されています。

​ 当事者や家族がどう認識しているかを中心に据えたプログラムであり、あなたに当てはまらないことも十分考えられますが、話したり、考えたりするきっかけになるのではないかと思います。

 プログラムの構成 

「そうかいプログラム」は、本編(パート1から7)(約90分)と、おさらい版動画(各20-30分)6本です。本編は、家族会など他の方と視聴し、互いの気づきを共有する時間をもつことをおすすめします。おさらい版動画は、体験談を中心としたものです。動画よりも文章で読む方がよい方もいます。その場合は、テキストをダウンロードしてお読みいただくことができます。

 視聴時の注意 

●気分が悪くなる可能性があります

この動画では暴力を受けている場面は出てきません。大変だった時期を思い出してしまうことがあります。無理せず観ることをやめましょう。家族会など大勢で観るほうが楽な方もいます。

●免責事項

プログラムの通りに行動して、トラブルや損失・損害等が起きても一切責任を負いません

 プログラムの効果評価 

 「そうかい」プログラムは、その効果を検証したものです。親の立場の方に、3か月にわたって実際に視聴していただき、その前後で変化があるかどうかを検証いたしました。その結果、当事者への批判的なコメントと敵意という感情表出、親の精神的健康度などが改善致しました。比較対象の設定していない検討ですので、十分な効果評価ではないことをお断りさせていただきます。

 プログラム作成メンバー 

研究チーム

・蔭山正子/大阪大学大学院/准教授/保健師

・横山恵子/埼玉県立大学/教授/精神科看護師

・堀合悠一郎/YPS横浜ピアスタッフ協会/精神障がい当事者

・Phyllis Solomon/ペンシルバニア大学/教授

研究協力団体

・YPS横浜ピアスタッフ協会(精神障がい当事者)

・横浜市精神障害者家族連合会(精神障がい当事者の親)

・埼玉県精神障害者家族会連合会(精神障がい当事者の親)

 

お問い合わせ

〒565-0871

大阪府吹田市山田丘1-7 

大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻

公衆衛生看護学教室

蔭山正子

© 2019 sokai-program.All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now